本文へジャンプ
南木曽町観光協会公式ホームページ
Tumago-juku Englis SiteOther information中文简体其他信息中文繁體其他信息기타정보
ぶらり南木曽 信州
文字サイズ変更
小中大
今日の天気
トップページサイトマップお問合わせ南木曽町へのアクセス観光マップ
見どころモデルコース技探し味探しアウトドアイベント温泉・宿泊情報バス・電車時刻表
現在位置:HOMEの中の南木曽町観光協会の中の見どころマップの中の南木曽から桃介橋
日本最大級の木橋

桃介橋

略歴

 

桃介橋ももすけばし」は別名「桃の橋」と呼ばれ、大正11年9月に完成しました。木曽川の水力発電開発に力を注いだ大同電力(福沢桃介社長)が読書発電所(大正12年完成)建設の資材運搬路として架けたものです。
その後、昭和25年から村道(現在の町道)として、両岸集落の交通や、高校生・中学生の通学など地域の交通に大いに役立っていましたが、昭和53年頃から老朽化も進み、本格的な修理もできなかったため廃橋寸前となっていました。この間、保存・活用の声が多くあり、付近一帯の天白公園整備に併せて近代化遺産(南木曽町有形文化財)として復元し、大正時代の長大吊橋の本格的な保存と活用をめざしたものです。

桃介橋

橋の特長

 
天白公園

桃介橋は全長247m、幅2.7mで、この付近では最大川幅のところにあり、美しく雄大な景観を誇っています。
この橋は、木製補剛桁を持った吊橋としては、日本有数の長大橋であり、下部石積み・上部コンクリートの主塔3基を有し、この種の吊橋としては当時(大正時代)我が国の土木技術の粋を集めためずらしい4径間の吊橋となっています。
3基の主塔はデザインも大変すぐれており、特に中央の塔からは水辺へ降りる石段が設けられています。また、それぞれの主塔から斜吊索が張られ19世紀末のアメリカの吊り橋によく似ているといわれています。橋の中央に資材運搬用のトロッコのレールが敷かれていたため、その痕跡が分かるように復元してあります。


桃介橋詳細

 
橋長
247.762m
幅員 2.728m
スパン 中央 2径間 104.442m、104.496m
左岸側1径間 23.950m  右岸側1径間 14.874m
補鋼トラス高さ 2.333m
主塔高さ 鉄筋コンクリート部 13.300m
練石基礎部(中央)14.326m

桃介橋平面・側面図
リンクに関するガイドライン | プライバシーポリシー
南木曽町観光協会
〒399-5301 長野県木曽郡南木曽町読書3668-1
(事務局:南木曽町役場内)
tel : 0264-57-2001 FAX : 0264-57-2270
Copyright1997 Nagiso Town. No reproduction or republication without written permission